FC2ブログ

とある月曜日の話

これは、あの、11月のとある月曜日の話、なんですけどね

その日は朝から、じめーっ、としていて、不気味だな〜、なんて思いながら、仕事をしていまして

そこへ、その、スマホがゔ〜ぅ〜ゔぅ〜っと、震えだすんですね

やだな〜……こわいな〜……と思いながら、開いてみたんです

するとね、なんとこんなメールが、きていたんです















「新曲きました!」
















ひぎゃぁぁぁぁああああああああ!!!!!、!!!!!!!
※喜んでいます










========================
第n回KuuKai徒然ブログ
〜速報!8章途中まできたよ編11/19〜
========================

というわけでTokyo male choir KuuKaiです

長々と書いてしまいましたが、8章途中まで楽譜がきました!!
いぇい!

新曲くる→即歌う!でおなじみの我らがKuuKai

新曲の音取りのために帰りの電車を逃したこともある我らがKuuKai

合宿最終日の極限状態の中でも、粛々と音取りを続ける我らがKuuKai

当然のことながら、その日のうちに練習をするわけです。


初めて出会う音符たち、聴いたことのないハーモニー、新しい紙のにおい!

初めて楽譜を開いた時のこの高揚に、初演というものの"たのしさ"が詰まっていると思うのです。


そして……

はまらないリズム、ごにょごにょ言っちゃう階名読み、いつも同じとこで飛び出す休符!

これもまた、完全初見の"醍醐味"でもありましょう。



初見大会の後は、6〜7章のこれまでについた演出を元に、自分たちで肉付けしていく作業にうつります。

みんなであーだこーだ言いながら、振付の山田うんさんから教わった動きを取り入れてみたり、オリジナルで生み出してみたり。

私(筆者)はなかなか新しいことを思いつかない人間なので、団員が色んなことを思いつくのをみているだけでも楽しいものです。



さて、そろそろ合宿以来初となる、演出家・直さんによる稽古(予定)

合宿からの練習の成果を見せることができるのか?!?!

乞うご期待!


※写真は今日の「鉄の花」です

201811221301037f5.jpeg

コメントの投稿

非公開コメント

KuuKaiホームページ
プロフィール

Tokyo male choir KuuKai

Author:Tokyo male choir KuuKai
1994年5月旗揚げ。「男は、空のように広く、海のように深く・・・」という想いを込めて結成。'98年寺嶋陸也氏に「合唱組曲 三文オペラ」を編曲委嘱初演し、その後'99年スペインのJ.ブスト氏に「悔悟節のための四つの歌」、'00年に三宅榛名氏に「歌の季節」、朝比奈尚行氏に「TVM」、'03年国枝春恵氏に「夫婦善哉」、'08年に久田典子氏に「聊斎志異」を委嘱初演し好評を博す。(聊斎志異の委嘱は終曲のみ)。
ホームページ
http://choirkuukai.web.fc2.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR